MENU

歯のヤニ取りのポイント

多くの喫煙者が頭を悩ませるのが、歯に付いてしまうヤニです。

 

歯のヤニ取りは、ポイントさえ分かれば簡単に取り除く事が出来ます。
歯の表面には「ペリクル」と呼ばれる物が付着しており、このペリクルのおかげで冷たい食べ物や、熱い食べ物の刺激から歯を守ってくれる大事な役割を果たしてくれているのです。

 

ところが、このペリクルはヤニとくっ付いてしまう厄介な特徴があるので、ヤニ取りをするには、このペリクルをヤニと一緒に取り除かなければいけません。

 

ペリクルと一緒にヤニ取りするには、歯ブラシを2?3mm前後させて歯磨きをする必要がありますが、それを手動で行うのは難しいものがあります。
そこで、ドラッグストアなどで販売されている電動ブラシを使用すれば、効率的にヤニ取りをする事が可能です。

 

日本の歯医者では、ヤニを取り除いた上に歯の表面をツルツルにしてくれる歯磨き粉が多く販売されています。
なかなか、ヤニ取りが上手く行かない方は、行きつけの歯医者でヤニ取り専門の歯磨き粉を購入してみるのも良いでしょう。

 

電動歯ブラシや専用の歯磨き粉を使用しても、ヤニ取りが上手くいかない方は、歯医者にヤニ取りしてもらう方法もあります
多くの歯医者では、4回ほどの治療を行えばヤニ取りを完了出来るのです。

 

1回の治療にかかる時間は30?60分程度で、費用は20,000?50,000円と高額になりますが、ヤニ取りが出来て歯が白くなるので高くない買い物と思えるでしょう。